TOP > トイプードルの病気 > パテラ(膝蓋骨脱臼)

パテラ(膝蓋骨脱臼)

パテラ(膝蓋骨脱臼) 小型犬に多く見られる遺伝性疾患

膝蓋骨脱臼パテラ?なんのこっちゃ(・・∂) アレ?
トイプードルに多い病気の中でも、これはかなり多い方で、
昔、他犬種を扱っているときから店長に付きまとうヤ~ナ遺伝の病気です。
簡単に言うと膝が外れるんです( ̄O ̄;) ウォッ!
脱臼にも種類が沢山有って外側脱臼、内側脱臼、発育性脱臼、
間欠性脱臼、外傷性脱臼、そしてトイプードルを初めとして
小型犬に多いのが先天性及び発育性脱臼で、
膝蓋骨内方脱臼と言って内側に膝が外れちゃう怖い病気なのですが
あまりにもキャリア持ちの子がトイプードルには多いので、
店長の経験ではイギリス系のトイプードルよりも全然アメリカ系に多く
勝手な統計ですが約7割~8割くらいがキャリア持っている気がします。
子犬のときに良く触診してから購入するしか有りません。
また購入の際にトイプードルを良く熟知したブリーダーの場合は、
容易に確認出来ると思うので場合によってはお願いしてみると良いでしょう。
言い方にもよりますが、子犬の取引は基本的に信用第一ですから
先方の捉え方によっては疎遠は確実なので何事も慎重に。
あっちなみ私が聞かれたら、ちょっと気分悪くなるかもしれません、
もちろんその場でチェックしてレベル評価しますけど。
逆にノンキャリアの子をペットで迎えるのって難しいと思うので
グレードⅠくらいまでの子で妥協される事をオススメします。
成長の過程でサプリを与えれば良くなるかもですし。

パテラ図解 チェック方法


パテラ(膝蓋骨脱臼)はグレードⅠ~Ⅳまでの4段階評価
グレードⅠ 膝蓋骨は正常な位置にあり、膝蓋骨を押すと脱臼するけど指を戻すと治ります。
グレードⅡ 自発的に脱臼を起すが、手助けすると治る、ただ年々骨は変形します。
グレードⅢ 日常生活で常に脱臼状態、戻してあげても直ぐにまた外れ歩行も困難になって行きます。
グレードⅣ 常に脱臼状態、ついに修復不可能、即手術をしなければ手遅れに。


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへトイプードル ブログのリンク集です。多くの飼い主さんが愛犬との日々を綴った日記の記事に目を向ける事も重要です。